S42レジェンド 翡翠ドルイド

f:id:n_Babel:20170918034407j:plain
f:id:n_Babel:20170918035208p:plain
だいたいこれを回していたけど、レジェンド到達時は始祖ドレイク、木立の番人→古代地の番人、スペルブレイカー

枚数入れてるのに余りにマナ加速引かない試合が続いて、全部最大枚数まで入れた。木立の番人は2点選択でアグロやその他に役立つ場面があると思われたが、スペルブレイカーだったらターン内に勝てずに返しで負けていたようなシーンは未だに数回しか遭遇していない(vsクエストメイジのアイスブロック、ハイランダープリーストとダメージレース)スタッツを優先した方が強いことが多い。

全体バフやボーンメア入りのハイブリッド翡翠ドルイドのようなデッキが増えて、純正だと少し厳しいマッチアップだなと感じた。他のデッキにはだいたい有利。


R.I.P innervate

S41レジェンド 翡翠ドルイド

f:id:n_Babel:20170831104515j:plain

固定枠

マナ加速カード 
練気、繁茂、開花、滋養2 古代地の番人は後半に引くと虫害やMCTに対するデメリットとなるため1

翡翠関連カード
偶像、精霊、巨象2+アヤ ミラーは早く大きくした方が概ね有利

除去カード
自然の怒り、薙ぎ払い、究極の侵蝕2 薙ぎ払いはそこまで強くないかなあとは思う。侵蝕は侵蝕で返されるので、先に撃たない。それを侵蝕で返そうとするとハンドが溢れるので、相手に撃たせてから侵蝕で返す。

その他必須カード
ファンドラル、DKヒーロー ガイスト入りのコントロールデッキ相手には、しっかり3点クロックを毎ターン刻んでファティーグ前に相手のヘルスを削ることを意識。逆にバーストダメージがあるデッキには装甲を稼いで負け筋を消すように。


古代地の番人は微妙だが、ここまでの23~24枚は絶対に必要。以下、今回採用したカードたち。

虫害2 必須枠に入れるか悩んだものの、デッキ本来の動きに必要なものでは無いのでこちら。ミラーが多い時期は1枚に落としていたが、アグロに対しての勝率がかなり変わったことと後述の終末預言者との愛称の良さに気付く。

終末預言者 アグロに対して強いカードを多くしたかった。海賊蟹の時期もあったが、マーロックに対して無力なのと後半に弱かった。2ターン目に通らない場合は、虫害と合わせて7マナ全体除去で使うように待つことが多かった。

暴蝕ウーズ 新規カードがなくても海賊はまだまだ一戦級で、通常のウーズより1マナ重いがこのデッキのマナ加速カードの量の多さなら気になることがなかった。装甲もアグロに1ターンの差になることも少なくはない。メディヴ入りのミッドレンジドルイドやコントロール系プリーストも見たため、非アグロには抱え続ける。

スペルブレイカー DKヒーローと究極の侵蝕が追加されたことにより、思いの外フェイスを詰めきるプランが取れるようになったので押し込むための1枚。ミラーでは相手のアヤに使って、翡翠カウントをこちらが先に進めて勝つ。あらゆるミッドレンジ以降のデッキに刺さり、序盤の使用は送呈していないため梟よりもパワー4でプリーストにもクロックとして残りやすいこちらを優先。

始祖ドレイク アグロに練気から出せると概ね勝てる。また、ミラーマッチは先にカウントを進めた側が常に有利トレードを繰り返せるがそれを1度だけリセット可能。デッキ内で動き回るマナを返せる唯一のカードなので安易には使わない。ガイスト入りプリーストに対してはクロックとして大切に扱う。


マリガン

ドルイド 偶像、繁茂、開花、終末
プリースト 繁茂、開花、番人
ウォリアー 偶像、繁茂、開花、怒り、終末、ウーズ
パラディン 偶像、繁茂、開花、終末
シャーマン 繁茂、開花、終末、虫害


来月あたりに虫害と侵蝕がナーフされるので(願望)、振り返り用の参考文献~完~

S41レジェンド 翡翠ドルイド

f:id:n_Babel:20170831104515j:plain

固定枠

マナ加速カード 
練気、繁茂、開花、滋養2 古代地の番人は後半に引くと虫害やMCTに対するデメリットとなるため1

翡翠関連カード
偶像、精霊、巨象2+アヤ ミラーは早く大きくした方が概ね有利

除去カード
自然の怒り、薙ぎ払い、究極の侵蝕2 薙ぎ払いはそこまで強くないかなあとは思う。侵蝕は侵蝕で返されるので、先に撃たない。それを侵蝕で返そうとするとハンドが溢れるので、相手に撃たせてから侵蝕で返す。

その他必須カード
ファンドラル、DKヒーロー ガイスト入りのコントロールデッキ相手には、しっかり3点クロックを毎ターン刻んでファティーグ前に相手のヘルスを削ることを意識。逆にバーストダメージがあるデッキには装甲を稼いで負け筋を消すように。


古代地の番人は微妙だが、ここまでの23~24枚は絶対に必要。以下、今回採用したカードたち。

虫害2 必須枠に入れるか悩んだものの、デッキ本来の動きに必要なものでは無いのでこちら。ミラーが多い時期は1枚に落としていたが、アグロに対しての勝率がかなり変わったことと後述の終末預言者との愛称の良さに気付く。

終末預言者 アグロに対して強いカードを多くしたかった。海賊蟹の時期もあったが、マーロックに対して無力なのと後半に弱かった。2ターン目に通らない場合は、虫害と合わせて7マナ全体除去で使うように待つことが多かった。

暴蝕ウーズ 新規カードがなくても海賊はまだまだ一戦級で、通常のウーズより1マナ重いがこのデッキのマナ加速カードの量の多さなら気になることがなかった。装甲もアグロに1ターンの差になることも少なくはない。メディヴ入りのミッドレンジドルイドやコントロール系プリーストも見たため、非アグロには抱え続ける。

スペルブレイカー DKヒーローと究極の侵蝕が追加されたことにより、思いの外フェイスを詰めきるプランが取れるようになったので押し込むための1枚。ミラーでは相手のアヤに使って、翡翠カウントをこちらが先に進めて勝つ。あらゆるミッドレンジ以降のデッキに刺さり、序盤の使用は送呈していないため梟よりもパワー4でプリーストにもクロックとして残りやすいこちらを優先。

始祖ドレイク アグロに練気から出せると概ね勝てる。また、ミラーマッチは先にカウントを進めた側が常に有利トレードを繰り返せるがそれを1度だけリセット可能。デッキ内で動き回るマナを返せる唯一のカードなので安易には使わない。ガイスト入りプリーストに対してはクロックとして大切に扱う。


マリガン

ドルイド 偶像、繁茂、開花、終末
プリースト 繁茂、開花、番人
ウォリアー 偶像、繁茂、開花、怒り、終末、ウーズ
パラディン 偶像、繁茂、開花、終末
シャーマン 繁茂、開花、終末、虫害


来月あたりに虫害と侵蝕がナーフされるので(願望)、振り返り用の参考文献~完~

ワイルド アグロシャーマン

f:id:n_Babel:20170711171804p:plainf:id:n_Babel:20170711172039p:plain
(SS撮ったあと余白切り忘れましたが面倒なので許してください)

S37 36位Finish(以前の記事)
S39,40 レジェンド到達
Hearthstone Express独自のポイント制で、月末ランキング獲得が12位でした

上が先月、下が今月(S40) ゴラッカ・クローラ→アジュア・ドレイク

今更アグロシャーマンについて書くことないな…?

アリーナ 12勝 パラディン

f:id:n_Babel:20170706231625p:plainf:id:n_Babel:20170706231647p:plainf:id:n_Babel:20170706231714p:plainf:id:n_Babel:20170706231746p:plain

しました。28~9枚はカードが強いですね。

負けは0-0プリースト、落とし子を狂気されて盤面崩壊(単にケア忘れました)と11-1ローグ、騎乗したミニオンが暗殺死角腹裂きでマストドンまで簡単に処理されて、2ターンかけてのフェイスプランが止まりませんでした。

こんなことはどうでもよくて、周りに新規プレイヤーがありがたいことに増えているので、次に私がまた勝てたときはピック譜解説します。言質置いておきたかっただけ。以上。

シーズン37 アグロシャーマン(ワイルド)

こんにちは。特に記事にする予定はありませんでしたが、突然ワイルドフォーマットでの公式大会をやるよ!と言われたので記事にします。

私が使用して、Rank4⭐0~使用して22勝1敗でレジェンドに到達したデッキになります。最終的にはレジェンド??位でのフィニッシュになりました。
※追記(2017/05/01 14:30) 36位でのフィニッシュでした。

デッキに関しては特に言及することが少ないですが、強いていうのなら呪術はワイルドフォーマットでの強力な断末魔ミニオンや大型挑発が厳しいので2枚とっています。また、前環境の資産がある人はすぐに作れると思うので、次シーズンで「大会があるならとりあえずやりたい!」という方にもオススメです。アグロシャーマンはEU鯖NA鯖でレジェンド1位を獲得した海外プレイヤーもベストデッキの内の1つと言っています。

雑なメモ
多い:海賊ウォリアー、レノロック、アグロシャーマン
そこそこいる:トークドルイド、コントロールウォリアー、フリーズメイジ
多くはない:テンポメイジ、マーロックパラディン、シークレットパラディン、(レノ)コントロールプリースト、ミッドレンジハンター
Rank5まで:メック、zoo、パトロン等思い出のデッキ
※要は色んなデッキにあたるよ!


みなさん、昔の好きなカードを使った良きワイルドフォーマットライフを!f:id:n_Babel:20170430193754j:plain

酒場のヒーロー予選 海の巨人杯

行けるタイミングで酒場のヒーロー大会が開催されるそうなので参加しました。今シーズンは国内GPのフォーマットにレガシーが無いのでHSに比重をおきたいと考えています。

ルール:3Hero BO3
ウォリアー:http://hearthgamers.com/decks/rank_match/id_2106
<グロマッシュ・ヘルスクリーム>→<フェアリードラゴン>
ドルイドhttp://hearthgamers.com/decks/rank_match/id_2138
ローグ→http://hearthgamers.com/decks/rank_match/id_2139

R1:ウォリアー、ローグ、ウォーロック
1.ローグvsウォリアー ダメージレースしてお互いトップ次第なところお互い引かずボード強い私の勝ち
2.ウォリアーvsウォリアー ゲーム終了までドラゴンが姿を見せずに終わった
3.ドルイドvsウォーロック ハンドロック アヴィアナくんマリゴス操り手スワイプルーツ激昂は30点

R2:メイジ、シャーマン、ウォリアー
1.ドルイドvsメイジ 盤面展開すれば返せない
2.ウォリアーvsシャーマン 野獣で守られたトログが永遠に落とせなかった
3.ウォリアーvsウォリアー 負けた時の手札がクラッシャー×2コルクロン×2+ラグナロス

R3:シャーマン、ローグ、プリースト
1.ウォリアーvsシャーマン taunt連打 猿→4/3/6→キュレーター→猿は返されない
2.ローグvsシャーマン ローグミラー前の茶番
3.ローグvsローグ 墓荒らし→ドレイクが綺麗なミッドレンジ対決で強そうな手をキープしたらクエスト×2で死にかけたけどショニアプレップ×2+エビセサップまで耐えた

R4:シャーマン、ウォリアー、プリースト
1.ウォリアーvsウォリアー 時間なくて焦ってお祈り逆リーサルかけたら祈りが足りなかった
2.ウォリアーvsシャーマン D3ブランをP4コルクロンで返せて、武器で削れたヘルスをクラッシャーで詰めた
3.ドルイドvsプリースト ワタリガラスで繁茂見つけてコインソーリサン→古代樹→ファンドラル滋養ラスまで通った

R5:ウォリアー、ローグ、プリースト
1.ウォリアーvsウォリアー taunt連打
2.ローグvsウォリアー サップするか武器で取るかの判断を間違えてしまった
3.ローグvsローグ 相手のP3エドウィンをコイン墓荒らしプレップサップしてボード取り続けて冷血見つかって隠蔽

最終4-1(9-6) 結構いい感じ。 が、優勝以外何もないので反省会ですね。ラダー上位で名前を知っているような方にも意見を聞けて有意義でした。